相互再帰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相互再帰(そうごさいき、: Mutual recursion)は再帰の一種であり、直接的にそれ自身に対する再帰になっているのではなく、複数の関数などの間で相互に再帰になっているものである。

数学[編集]

以下の関数 A(x) と B(x) は相互再帰である。

方程式によっては、相互再帰は、複雑系カオス理論へとつながることもある。

プログラミング言語[編集]

相互再帰は関数型プログラミングでは非常に一般的で、LISPSchemeMLなどのプログラミング言語でのプログラムに多く使われている。Prologのような言語では、相互再帰の使用は避けられない。

プログラミングスタイルによっては、相互再帰を禁止することもある。というのも、無限に再帰呼び出しし続けるコードを書かないようにすることも、そのようなコードを検出して修正することも難しいためである。