目刺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
目刺しから転送)
移動先: 案内検索
目刺

目刺(目刺し、めざし)は、干物の一種。

カタクチイワシウルメイワシなどのイワシ類の小魚を塩漬けした後、目から下あごへ竹串やワラを通して数匹ずつ束ね、乾燥させたもの。通常はそのままではなく、焼いて食べる。

また「目刺」は季語のひとつでもある。

九州、特に大分県宮崎県においては、しばしば唐人干(とうじんぼし)と呼ばれる。

日本の創作文化等においては、「貧しい食卓」の象徴として、「目刺一匹のみが白米のおかず」という演出が多くなされる。