百結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百結(ひゃっけつ、ペッキョル、백결)、ないし、百結先生(ひゃっけつせんせい、ペッキョル ソンセン、백결선생414年 - ?)は、新羅伝来の玄琴(コムンゴ)の名手。訥祇麻立干(第19代新羅王)時代の文臣であった朴堤上朝鮮語版の息子とされる[1]。また、兄弟であった朴孝元(박효원)は、高麗の開国功臣で太祖王建の側近である朴述熙朝鮮語版から、15代遡った先祖にあたる。 またの名を文良といった。

生涯[編集]

符都誌朝鮮語版』、『寧海朴氏家系図』などによれば、彼の実名は朴文良박문량)で、414年実聖麻立干13年)生まれと記録されている。 朴堤上の息子であり、慈悲王の時には、金城(後の慶州)の狼山(낭산)で暮らしていたという[1]。 極貧のため服を百ヶ所も繕い縫って着ていたので百結先生と呼ばれた。 琴を奏でて世の中の憂いを忘れたりもしていた[1][2]

大晦日に、妻が隣家の臼の音を羨んで、臼の代わりに妻に聞かせた臼の音である「碓楽(대악)」(「大楽」の字が当てられることもある。また、「バンアタリョン」とも呼ばれる)[1][2]や、官職を離れて帰郷するという曲である『楽天楽(낙천악)』が、特に有名である。清廉潔白だった彼は、宮中からの後援をいっさい断り、自ら困窮する生活を楽しみ、晩年には行方をくらましたという。

家族関係[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 国楽の世界へ お正月に関する歌”. 韓国放送公社 (2016年2月3日). 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 国楽の世界へ チュソクとお餅、風流”. 韓国放送公社 (2015年9月23日). 2016年10月9日閲覧。

参考文献[編集]

Heckert GNU white.svgCc.logo.circle.svg 이 문서에는 다음커뮤니케이션(현 카카오)에서 GFDL 또는 CC-SA 라이선스로 배포한 글로벌 세계대백과사전의 내용을 기초로 작성된 글이 포함되어 있습니다.(この文書にはダウムコミュニケーション(現カカオ)でGFDLまたはCC-SAライセンスで配布した『글로벌 세계대백과사전(グローバル世界大百科辞典)』の内容を基礎に作成された文が含まれています。)