発光エビルシフェリン-2-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
発光エビルシフェリン-2-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.13.12.13
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum

発光エビルシフェリン-2-モノオキシゲナーゼOplophorus-luciferin 2-monooxygenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

発光エビルシフェリン + O2 \rightleftharpoons 酸化型発光エビルシフェリン + CO2 + hν

反応式の通り、この酵素の基質発光エビルシフェリンO2、生成物は酸化型発光エビルシフェリンとCO2である。

組織名はOplophorus-luciferin:oxygen 2-oxidoreductase (decarboxylating)で、別名にOplophorus luciferaseがある。

参考文献[編集]

  • Shimomura O, Masugi T, Johnson FH, Haneda Y (1978). "Properties and reaction mechanism of the bioluminescence system of the deep-sea shrimp Oplophorus gracilorostris". Biochemistry. 17 (6): 994–8. doi:10.1021/bi00599a008. PMID 629957. 
  • Inouye S, Watanabe K, Nakamura H, Shimomura O (2000). "Secretional luciferase of the luminous shrimp Oplophorus gracilirostris: cDNA cloning of a novel imidazopyrazinone luciferase(1)". FEBS. Lett. 481 (1): 19–25. doi:10.1016/S0014-5793(00)01963-3. PMID 10984608.