疋田敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

疋田 敏男(ひきた としお、1902年明治35年)5月[1] - 1989年平成元年)6月2日[1])は、日本の政治家

経歴[編集]

山口県下関市出身。明治大学専門部法律科卒業。実業界に進み、親和興産社長を務めた。また、政治家として、1946年4月の戦後1回目の総選挙(第22回衆議院議員総選挙)に山口県から立候補して当選し、衆議院議員を一期務めた[1]早川崇(国家公安委員会委員長、労働大臣等)らと青壮クラブを発足させ、新政同志会と合流するなど、諸派無所属議員を中心とした国民党の結成に参画し、党執行部役員(中央常任委員)などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』532頁。

参考文献[編集]

  • 『昭和山口県人物誌』 マツノ書店、1990年
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク[編集]

コトバンク