申善浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
申善浩
各種表記
ハングル 신선호
漢字 申善浩
発音: シン ソノ
テンプレートを表示

申 善浩(シン ソノ、1947年6月 - )は、大韓民国実業家。1970年代後半に急成長と没落を遂げた新興財閥・栗山(ユルサン)グループ (ko:율산그룹を率いた。

経歴[編集]

全羅南道高興郡生まれ。ソウル大学校卒業。

1975年6月、27歳のときに、大学時代の同窓生とともに貿易商社・栗山実業を資本金100万ウォンで設立。中東に向けての建築資材の輸出で急成長を遂げた。朴正煕政権の輸出産業育成政策に乗り、わずか4年のうちに栗山建設・栗山重工業・栗山海運などの企業を設立した。若く野心的な実業家の成功は韓国の高度経済成長の象徴とも「栗山神話」とも称されたが、無理な事業拡張などから1979年に巨額の不渡りを出して会社は倒産、グループは解体した。栗山グループの短い光芒を描いた朱致鎬の実録風小説『ソウルはいま何時か』(1983年)は韓国でベストセラーとなった。

1977年11月、将来的な運輸拠点とするべくソウル総合ターミナルの広大な敷地を買い入れている。栗山グループの解体後は、最後に残された資産となった同ターミナルを拠点に経済活動を続け、2000年からはセントラルシティグループの会長を務める。韓国のマスコミには、没落からの再起を果たした経済人として取り上げられる。

妻の父は言論人の夫琓爀

関連書籍[編集]

  • 朱致鎬(金容権訳)『ソウルはいま何時か』(潮出版社、1986年)

外部リンク[編集]