由良三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

由良 三郎(ゆら さぶろう、1921年10月14日 - 2004年4月3日)は日本の推理作家である。

本名は吉野亀三郎。東京府東京市京橋区銀座の老舗の小間物屋に生まれ、東京府立第一中学校第一高等学校を経て東京帝国大学医学部卒業。一高時代は高木彬光との親交もあった。海外留学を経てウイルス学の研究者として実績をあげ、横浜市立大学医学部教授、東京大学医科学研究所教授を歴任。1982年定年退職。1984年『運命交響曲殺人事件』でサントリーミステリー大賞を受賞して推理作家デビューした。

高木彬光と同じ世代でありながら、62歳でデビュー後10年間ほど活躍した。若干古めかしいタイプの探偵小説の作家であった。著作にミステリのトリックを医学的に検証するなどした『ミステリーを科学したら』などのエッセイもある。

著書[編集]

  • 運命交響曲殺人事件 文藝春秋 1984 のち文庫 
  • 黒白の幻影 広済堂出版 1984 のち文庫 
  • 殺人協奏曲ホ短調 文藝春秋 1985 のち文庫
  • 黄金蜘蛛の秘密 広済堂出版 1985
  • ある化学者の殺人 広済堂出版 1985
  • 葬送行進曲殺人事件 新潮社 1985 のち文庫
  • 象牙の塔の殺意 新潮社 1986 のち文庫
  • 裏切りの第二楽章 文藝春秋 1987 のち文庫 
  • 13は殺人の数字 広済堂出版 1987 のち双葉文庫 
  • 円周率πの殺人 光文社カッパ・ノベルス 1988 「人体密室の犯罪」光文社文庫
  • 白紙の殺人予告状 広済堂出版 1989 のち双葉文庫 
  • 完全犯罪研究室 新潮社 1989 のち集英社文庫 
  • 二重殺人トライアングル 光文社 1989 「偽装自殺の惨劇」文庫
  • 悪魔の呼気 天山出版 1990 のち双葉文庫 
  • 網走-東京殺人カルテ 立風書房 1990 のち集英社文庫 
  • 魔炎 双葉社 1991 のち文庫
  • 犯罪集中治療室 立風書房 1991 「殺人集中治療室」祥伝社
  • ミステリーを科学したら 文藝春秋 1991 のち文庫
  • 血液偽装殺人事件 DNA鑑定の死角 光文社 1992 (カッパ・ノベルス)のち文庫 
  • ミステリーの泣きどころ トリック・ワナの裏をかく ベストセラーズ 1992
  • 血痕 双葉社 1993
  • 第六の殺人処方箋 光文社 1995 (カッパ・ノベルス)
  • そいつァご挨拶だね 立風書房 1995
  • 聖域の殺人カルテ 集英社文庫 1996
  • 看護婦高山瑠美子の事件簿 KSS出版 1999
  • バイアグラ殺人事件 KSS出版 1999

吉野亀三郎著[編集]

  • 最新医微生物学 桑原章吾,正古良夫共著 文光堂 1965
  • 医学英文語法 医学書院 1968
  • ウイルスのはなし 伝染病やがんをおこす"生物でない病原体" 同文書院 1969
  • ヘルペス 講談社 1977

関連項目[編集]