田沼実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田沼 実(たぬま みのる、1895年8月25日 - 1974年8月)は、日本の都市計画家土木技術者。東京生まれ。

1921年(大正10年)に東京帝国大学工学部土木工学科卒。 内務省阿賀川改修事務所に勤務した。1924年から内務省復興局技師に転じる。その後東京府をへて1929年(昭和4年)、内務省土木部工務課長。その間に九段坂に共同溝の試作を試みている。1930年に東京府土木道路技師。

1937年、滋賀県土木課長、1939年、茨城県土木課長、1942年、山口県士木部長。

1945年に神奈川県土木部長となり、敗戦後の同県都市計画の作成に取り組む。道路、河川、公園、住宅、港湾などの総合整備を図った。

1951年から1960年までは、神奈川県土地収用委員会委員をつとめた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 横浜市史II「内山岩太郎日記」
  • 舊交曾 建設省関東地方建設局 舊交曾 1958