田井耕耘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田井 耕耘(たい こううん、慶応元年(1865年9月15日 - 昭和11年〈1936年11月3日)は、明治から昭和にかけての女性日本画家

来歴[編集]

尾形月耕の門人。本名は起く、俗名は喜久、耕耘と号す。母はなつ。月耕の弥左衛門町時代(明治15年〈1882年〉 - 明治19年〈1886年〉)からの門人と伝わる。明治21年(1888年)3月、月耕と結婚し、同年9月に長男の正子(まさつぐ、のちの尾形月山)を生む。のち明治30年(1897年)には長女の玉子(玉耕)が生まれた。

明治24年(1891年)、日本青年絵画協会臨時研究会に「今様処女」を出品し五等褒状を得る。明治32年(1899年)、錦絵の作として唯一確認できる「踊姿絵」シリーズを発表した。明治33年(1900年)春の第8回日本絵画協会・第3回日本美術院連合絵画共進会において「恋無情」が二等褒状を、同年秋の第9回日本絵画協会・第4回日本美術院連合絵画共進会において「砧」が三等褒状を得ている。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『Bien(美庵)』(Vol.45、2007年秋号) 藝術出版社 ※特集「尾形月耕とその一門」 岩切信一郎ほか編[1] 28頁 ISBN-978-4-434-10956-0

関連項目[編集]