田中眞澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか まさすみ
田中 眞澄
生誕 (1946-02-11) 1946年2月11日
日本の旗 日本 北海道釧路市
死没 2011年12月30日(2011-12-30)(65歳)
職業 映画史家文化史家

田中 眞澄(たなか まさすみ、1946年2月11日 - 2011年12月30日)は、日本映画史家文化史家

経歴[編集]

1946年2月11日、北海道釧路市に生まれる[1]慶應義塾大学文学研究科修士課程修了(国文学専攻)[2]。「小津安二郎研究の第一人者」として知られる[3][4]。2011年12月30日、死去[4]。65歳没[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • 小津安二郎のほうへ モダニズム映画史論(2002年、みすず書房
  • 小津安二郎周游(2003年、文藝春秋。2013年、岩波現代文庫(上下))
  • 小津安二郎と戦争(2005年、みすず書房)
  • ふるほん行脚(2008年、みすず書房)
  • 本読みの獣道(2013年、みすず書房:大人の本棚)
  • 小津ありき 知られざる小津安二郎(2013年、清流出版

編著[編集]

  • 小津安二郎・全発言1933-1945(1987年、泰流社
  • 小津安二郎戦後語録集成 昭和21(1946)年-昭和38(1963)年(1989年、フィルムアート社
  • 全日記 小津安二郎(1993年、フィルムアート社)
  • 映画読本・成瀬巳喜男 透きとおるメロドラマの波光よ(1995年、フィルムアート社)
  • 映画読本・森雅之 知性の愁い、官能の惑わし(1998年、フィルムアート社)
  • 映画読本・清水宏 即興するポエジー、蘇る「超映画伝説」(2000年、フィルムアート社)
  • 小津安二郎 「東京物語」ほか(2001年、みすず書房)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の映画人 日本映画の創造者たち』 佐藤忠男日外アソシエーツ2007年、380頁。
  2. ^ 田中眞澄”. みすず書房. 2015年11月27日閲覧。
  3. ^ 岡田秀則 (2013年12月12日). “小津安二郎を追いかけて”. nippon.com. 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c 中野翠 (2013年8月18日). “『小津ありき 知られざる小津安二郎』田中眞澄著 日本的無常観へ届く視線 (1/2)”. 産経ニュース. 2015年11月27日閲覧。

関連文献[編集]