田中忠道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
レスリング世界選手権
1969 マル・デル・プラタ 57kg級

田中 忠道(たなか ただみち、1945年2月22日[1] - 2013年4月3日[2])は、福岡県出身のフリースタイルのレスリング選手である。階級は57kg級[1]

来歴[編集]

福岡県大牟田市出身[2]大牟田高校から法政大学に進んで、1966年の全日本選手権バンタム級(55kg級)で2位となった[1]アジア大会では優勝を飾った。卒業後に福岡大学の教員となると、1967年の世界選手権では4位だった。しかし、1968年のメキシコオリンピックには出場できなかった[1]。1969年の世界選手権では57kg級で優勝を飾った。しかし、1972年の全日本選手権では2位となり、ミュンヘンオリンピック出場はならなかった[1]。その後は福岡大学レスリング部部長として、後進の指導に当たった[3]

2013年4月から全日本学生レスリング連盟会長に就任した[3]が、直後の4月3日、肝不全のため死去。68歳没[2][3]

主な戦績[編集]

  • 1966年 - 全日本選手権 2位(バンタム級)
  • 1966年 - アジア大会 優勝
  • 1967年 - 世界選手権 4位(バンタム級)
  • 1969年 - 世界選手権 優勝(57kg級)
  • 1972年 - 全日本選手権 2位(57kg級)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 田中忠道 - International Wrestling Database (英語)