田中千吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 千吉(たなか せんきち、1885年明治18年)3月 - 没年不詳)は、関東庁官僚大連市長

経歴[編集]

東京府出身。1910年(明治43年)、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[1]警視庁に入り、富坂警察署長、青山警察署長三田警察署長を務めた[1]1913年大正2年)、関東都督府秘書官に転じ、文書課長地方課長、殖産課長を歴任[1]1923年(大正12年)、関東庁参事官事務官となり、翌年に大連民政署長となった[1]

1930年昭和5年)、大連市長に就任[1]。退任後は、大連株式取引所理事長、大連商工会議所副会頭、大連市会議員、大連証券信託株式会社相談役などを務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版(下)』 人事興信所、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年
公職
先代:
石本鏆太郎
大連市長
1930年 - 1931年
次代:
小川順之助