田中千代松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中千代松

田中 千代松(たなか ちよまつ、1881年明治14年)2月2日[1] - 1929年昭和4年)12月2日[2])は、衆議院議員立憲民政党)、弁護士

経歴[編集]

埼玉県北足立郡安行村(現在の川口市草加市)で田中平十郎の六男として生まれる[3]1911年(明治44年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、司法官試補となった。1913年大正2年)、判事となって、青森地方裁判所大阪地方裁判所で勤務した。しかし兄の衆議院議員田中左司馬の死により退官し、郷里で弁護士事務所を開業するかたわら、兄の政治活動を引き継いだ[4]

埼玉県会議員を経て、1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。

その他、埼玉製織会社の取締役を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、10頁。
  2. ^ 『官報』第884号、昭和4年12月9日
  3. ^ a b 『人事興信録』
  4. ^ 『埼玉壱百人』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年
  • 岸上克己 『埼玉壱百人』 埼玉通信社、1917年