環状噴霧流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環状噴霧流(かんじょうふんむりゅう)とは、混相流のうち、気液二相流における現象の一つである。特に、気相に対する液相の割合(液ホールドアップ)が1%以下程度、もしくはそれ以下の状態で流れる状態を指す。流動状態は、目視あるいは、Mandhananeの研究から、見かけの流速より判断することができる。

関連項目[編集]