環境管理型権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環境管理型権力(かんきょうかんりがたけんりょく)とは、相手を従わせるのではなく、相手が自ら望む行動を取ることが、社会にとっても優れている行動(社会の生産性を上げる行動)になるように、人間を創り変えることで、誰もが支配されているとは思わず、皆、自ら楽しんで生きていると思いながら、その実は権力に全て操作された人々として、人々が生きる社会。テーマパーク化される未来型社会のモデル。従来の権力としては規律訓練型権力があげられる。

参考文献[編集]

  • フランシス・フクヤマ『人間の終わり―バイオテクノロジーはなぜ危険か』鈴木淑美(訳)、ダイヤモンド社、2002年9月。ISBN 4478180350
  • 東浩紀大澤真幸『自由を考える―9・11以降の現代思想』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2003年4月。ISBN 4140019670
  • 姜尚中宮台真司『挑発する知―国家、思想、そして知識を考える』双風舎、2003年11月。ISBN 4902465000
  • 東浩紀『情報環境論集―東浩紀コレクションS』講談社〈講談社box〉、2007年。ISBN 978-4-06-283626-5
  • 平林利文. “居住環境計画学2050年の地域性”. 2010年7月10日閲覧。(ウェブ上の論文)
  • 人類の末路”. 2010年7月10日閲覧。(ウェブサイト)