瑞穂村 (愛知県葉栗郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずほむら
瑞穂村
廃止日 1906年5月10日
廃止理由 編入合併
現在の自治体 一宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
葉栗郡
瑞穂村役場
所在地 愛知県
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

瑞穂村(みずほむら)は、愛知県葉栗郡にかつてあった。現在の一宮市浅井町北部。

北に木曽川南派川)が流れ、岐阜県に接する。

歴史[編集]

  • 1590年天正14年)6月 - 大洪水によって木曽川の本流は大きく流路を変える。木曽川右岸となった地域は美濃国に編入される。河田村は尾張国葉栗郡河田村と美濃国羽栗郡河田嶋村[1](現・各務原市)に分割される。
  • 江戸時代尾張藩の領地であった。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 黒岩村、大野村、極楽寺村、尾関村、河田村、前野村が合併し発足。
  • 1906年(明治39年)5月10日 - 浅井町に編入。同日瑞穂村廃止。

学校[編集]

名所・旧跡[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 独立した村では無く、羽栗郡円城寺村枝村

関連項目[編集]