高田城 (尾張国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田城(こうだじょう)は、現在の愛知県一宮市浅井町河田字神明社にあった戦国時代日本の城である。現在は「河田城(こうだじょう)」と表記される事が一般的である。

概要[編集]

1584年天正12年)、小牧・長久手の戦いの際、豊臣秀吉が、織田徳川連合軍と戦う為に構築された城である。戦いの後も秀吉側の城として存続したという。廃城時期は不明。

城跡は残っていたが、1963年昭和38年)の木曽川の改修工事の為、その形跡は無くなってしまった。すこしはずれた場所に石碑がある。

地名の河田は、“こうだ”と読むが、元々は尾張国河田村であるが、安土桃山時代1585年(天正13年)におきた木曽川の洪水により村が川で分断。豊臣秀吉により、新たな川を尾張国美濃国の境としたため、二つの村になった。分断後も尾張国、美濃国のどちらも河田村を名乗った。高田城は尾張国側になる。

尾張国側は、葉栗郡河田村となり、葉栗郡浅井町に合併後、一宮市浅井町河田となり、現在に至る。

美濃国側は、羽栗郡河田村となり、羽栗郡川島村に合併後、羽島郡川島村を経て羽島郡川島町になる。現在は各務原市川島河田町となっている。

河田城石碑

関連項目[編集]