現代病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

現代病(げんだいびょう、:Modern diseases)とは、都市化、産業化など、過去にはなかった現代生活習慣や環境などに起因する種々な病気を指して用いられる言葉である。

研究者により定義は異なるが、糖尿病メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病アレルギー疾患に代表される生活環境病の総称とする概念[1]、あるいはストレスに起因する疾病を含む概念を提唱する研究者もいる[2]

1970年代頃から主にジャーナリズムによって広められ社会的通称となった語であり、「現代病」という名称の病気が存在しているわけではない。また、現代病と呼ばれる病気も時代及び研究者により異なる。

脚注[編集]

  1. ^ 高野裕久、「生活環境病・生活習慣病と環境要因」 『日本毒性学会学術年会』 第42回日本毒性学会学術年会 セッションID: S8-1, doi:10.14869/toxpt.42.1.0_S8-1
  2. ^ 徳増厚二, 田代直樹, 五島一吉 ほか、「相模原市 (神奈川県) のメニエール病疾病統計」 『耳鼻咽喉科臨床』 1982年 75巻 5special号 p.1165-1173, doi:10.5631/jibirin.75.5special_1165, 耳鼻咽喉科臨床学会

外部リンク[編集]