きつね色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
狐色から転送)
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
狐色
きつねいろ
 
16進表記 #C48847
RGB (196, 136, 71)
CMYK (19, 51, 77, 0)
マンセル値 -
表示されている色は一例です

きつね色(きつねいろ)は、色名の一つ。名前の通りキツネの体毛のような、薄い茶褐色を指すことが一般的[1]

用法[編集]

加熱調理焼き物揚げ物炒め物など)するとメイラード反応を生じて茶褐色に変化する食品において、焦げすぎない程度によく仕上がったときの表面の色を比喩する際に、度々使われる[2][3]

対象はケーキクッキートースト揚げ物[4]などで、「こんがりきつね色」という表現が用いられることもある[5]

タマネギを炒めたときの褐色も「きつね色」と表現されるが、きつね色になったタマネギをさらに炒め続けると濃い褐色に変化する。この濃い褐色は「あめ色」と表現されることがある[6]

食品以外では、点火プラグ(スパークプラグ)の色[7]や、陶器の焼き色[8]に対する表現としても使われる。

語の特徴[編集]

食に対する表現としては、日本独特のものである。英語にも1796年からフォックス(fox)という色名があるというが[9]、そのようには用いられない。

英語ではトーストなどの「こんがり」に対して、light brownbeautiful brownperfectly brownedなどの表現がされる[10]。 日本においても語の歴史は浅く、中世になってから使われ始めた色名と言われている。そもそも日本では、鳥類を除くと動物に由来する色名は少なく[9]、他には「ねずみ色」「らくだ色」などしかない。

脚注[編集]

  1. ^ きつねいろ【狐色】の意味 - goo辞書(デジタル大辞泉)
  2. ^ 1から始める料理の基本 きつね色(に揚げる・焼く) - マギー
  3. ^ 砂糖の科学-ショ糖- - 内田麻理香:カソウケン(家庭科学総合研究所)
  4. ^ 東京堂出版『おいしさの表現辞典』(2006年)
  5. ^ 一例:雪印メグミルク、「雪印 こんがり焼けるとろけるスライス」144g(8 枚入り)を発売 日経プレスリリース、2012年2月23日
  6. ^ 西洋料理 シェ・ロッシニ - 東京會舘
  7. ^ プラグの基礎知識 不具合の診断方法 - デンソー
  8. ^ 桝本佳子 展 -パノラマ 陶の風景- - LIXILギャラリー
  9. ^ a b 主婦の友社『色の名前事典』(2001年、福田邦夫)p.100
  10. ^ こんがり - エキサイト辞書(『新英和中辞典』第6版 研究社)

関連預目[編集]

外部リンク[編集]