「拓跋孤」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
[[拓跋鬱律]]の四男として生まれた。[[329年]]([[拓跋翳槐|烈帝]]前元年)、次兄の[[拓跋什翼ケン|拓跋什翼犍]]が[[後趙]]の人質として襄国におもむいた。[[338年]](烈帝後2年)、長兄の[[拓跋翳槐]]が死去すると、大人の梁蓋らが拓跋屈を殺して拓跋孤を国君として推した。拓跋孤はより年長のものが立つべきであるとして、自ら[[ギョウ|鄴]]を訪れ、身代わりの人質になることを申し出て、拓跋什翼犍の返還を求めた。[[石虎]]はふたりを代に帰国させた。拓跋什翼犍が即位すると、国の半分を拓跋孤に与えて統治させた。後に死去した。[[北魏]]の[[道武帝]]のとき、高涼王に追封され、諡は神武といった。
 
子に[[拓跋斤]]があったが、伯父の拓跋什翼犍によって要職を剥奪された恨みで、従兄の[[拓跋寔君]]の乱に加担し、[[長安]]で死去伯父らを弑した。
 
しかし、これを聞いて激怒した[[前秦]]の[[天王]][[苻堅]]の軍勢に捕らわれて、[[長安]]で拓跋寔君とともに[[車裂き]]の刑に処され、無残な最期を遂げた。
 
== 伝記資料 ==
15,182

回編集

案内メニュー