「宇都宮環状道路」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
 
宇都宮市の中心部に集中し飛躍的に増大していた交通を適切に分散誘導するために計画・整備された道路で、市街地外縁部を一周する都市環状道路としては日本初の本格的な環状道路である。1971年より整備が開始され、25年の歳月をかけて1996年に全線開通した。総延長は34.4kmで、東京の[[山手線|JR山手線]]とほぼ同じ。全区間が4車線化されている。この道路の開通により、市街地の渋滞の緩和、市街地の通過時間の大幅な短縮といった効果が現れている。
 
沿線では[[ロードサイド]]店の集積が著しい。また宇都宮[[インターパーク]]へのアクセスルートでもあるので、週末はこれらの店に向かう車で混雑する。
 
朝夕の通勤通学時間帯に起こる渋滞を解消するため、主要交差点の立体化整備を順次進めている。
匿名利用者

案内メニュー