「全銀協標準プロトコル」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
+{{出典の明記}}
(リンク切れを修正)
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2012年5月}}
'''全銀協標準プロトコル'''(ぜんぎんきょうひょうじゅんプロトコル)とは[[全国銀行協会]]により公表された[[日本銀行]]と各金融機関、各金融機関間、各金融機関と利用者の間のコンピュータ接続方式。金融機関とのデータ交換にとどまらず、一般的な企業間データ交換手順としても利用されている。'''全銀協手順'''、'''全銀手順'''、'''Z手順'''とも呼ばれる。仕様は[[全国銀行協会]]から有償で入手することができる
 
== 概要 ==
金融機関とのデータ交換にとどまらず、一般的な企業間データ交換手順としても利用されている。
=== ベーシック手順 ===
 
'''全銀協手順'''、'''全銀手順'''、'''Z手順'''とも呼ばれる。
 
仕様は[[全国銀行協会]]から有償で入手することができる。
 
==概要==
===ベーシック手順===
銀行と企業との間でオンラインデータの交換を行う場合に使用することを目的として開発された日本独自の通信手順。
 
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
<references />
 
== 関連項目 ==
== 外部リンク ==
* [https://www.jba-shuppancenter.jp/items/?item_code=5000030902&item_name=%91S%8B%E2%8B%A6%83n%81K%83\%83R%83%93%83t%81K%83%8D%83g%83R%83%8B 全国銀行協会 全銀協標準通信プロトコルーTCP/IP手順]
 
{{Bank-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:せんきんきようひようしゆんふろとこる}}
[[Category:通信プロトコル]]
[[Category:日本の銀行]]
 
{{Bank-stub}}

案内メニュー