「沼津大空襲」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
'''沼津大空襲'''(ぬまづだいくうしゅう)は[[第二次世界大戦]]末期、[[アメリカ軍]]により[[静岡県]][[沼津市]]に対して行われた[[空襲]]である。
 
[[1945年]]([[昭和]]20年)[[7月17日]]未明、[[米軍]][[B-29 (爆撃機)|B29]]の130機の編隊が[[海軍工廠]]や多くの中小軍事工場のある沼津市街上空に侵入し、[[愛鷹山]]と[[香貫山]]の[[高射砲]]が迎撃するも9077発、1039トンの[[焼夷弾]]を投下し9523戸が消失、274人が死亡した。米軍の記録によるとこの空襲により市の89.5%が破壊されたという。沼津市は[[サイパン島]]から[[富士山]]へ続くB29の本土空襲コースの真下にあたり、それ以前にも小規模な空襲や機銃掃射を受けており、それらを合計すると死者322人、重軽傷者634人、全半焼11756戸、全半壊127戸という被害だった。
 
{{History-stub}}

案内メニュー