「小説神髄」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
ソートキー
(+cat)
(ソートキー)
{{文学}}
『'''小説神髄'''』('''しょうせつしんずい''')は、[[坪内逍遥]]の[[文芸評論]]。[[1885年]] - [[1886年]]([[明治]]18年 - 19年)に[[松林堂]]から刊行。
 
上巻において、小説で大切なことはまず人情を描くことで、次に世の中の様子や風俗の描写であると論じ、下巻において具体的な方法を示す。
*[[小説総論]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:日本の文学作品|しようせつしんすい]]}}
[[Category:明治時代日本の文学|しようせつしんすい作品]]
[[Category:明治時代の文学]]
{{lit-stub}}
 
匿名利用者

案内メニュー