「橋北中学校水難事件」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
'''橋北中学校津海岸集団水難事'''(きょうほくちつかいがんしゅうがっこうだんすいなんじけん)は、[[1955年]](昭和30年)[[7月28日]]に[[三重県]][[津市]]の[[津市立橋北中学校|市立橋北中学校]]の女子生徒36人が、水泳訓練中に溺死した[[水難事故]]。当時の新聞(朝日、毎日)の見出しには、「津水死事件」「集団水死事件」「津の女生徒水難事件」「津の中学生水難事件」、週刊誌では「津海岸集団水死」(週刊朝日)、また「津海岸女生徒水難事故」(判例時報、446)、ネット上では「津海岸水難」(毎日フォトバンク)、「三重県津市の橋北中学校の生徒の水難事件」(衆議院会議録情報 第022回国会 法務委員会 第44号)といった名称が見られる。
 
== 事故概要 ==
匿名利用者

案内メニュー