片浦プロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KatauraPlot.jpg

片浦プロット(かたうらプロット)は、21世紀におけるカーボンナノテクノロジー分野の新しい専門用語である。

片浦弘道は、主要な光学応答遷移のエネルギーカーボンナノチューブの直径に依存することを明示した。その後、励起子効果を含めた光学遷移エネルギーが、ナノチューブの直径が太くなると下がることが実験的に証明され、理論研究とも定量的に合致した。

東北大学大学大学院理学研究科教授斉藤理一郎によって命名された物理学化学分野の専門用語で、世界的に波及しつつある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]