熱硬化性樹脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熱硬化性樹脂(ねつこうかせいじゅし、: Thermosetting resin)は加熱により重合する高分子

概要[編集]

熱硬化性樹脂は成型に時間を要するので生産性や衝撃後圧縮強度(CAI 強度)や靭性においては熱可塑性樹脂に劣るが、硬く、絶縁性、耐電圧、耐熱性があり、溶剤に対する耐性があるので、電気部品や焼き付け塗料炭素繊維強化プラスチックや熱で重合する特性を活用して接着剤3Dプリンタなどに使用される[1][2]。一方、加熱しても塑性変形しないのでリサイクルが困難[3][4]

熱硬化性樹脂の例[編集]

出典[編集]

  1. ^ 圧縮成形と熱硬化性樹脂, http://imamurakagaku.com/technique.htm 
  2. ^ 熱硬化性樹脂, http://www.kda1969.com:80/study/study_pla_detail4.htm 
  3. ^ 柴田勝司. "熱硬化性樹脂ケミカルリサイクル技術の最新動向." 日本接着学会誌 39.6 (2003): 226-230.
  4. ^ ケミカルリサイクルは技術的には可能だが、現状では損益分岐点への到達が困難

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]