火幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
火幡神社
DHvL2xjUMAAevQ1.jpg
拝殿
所在地 奈良県北葛城郡王寺町畠田640
位置 北緯34度34分48秒
東経135度41分55秒
座標: 北緯34度34分48秒 東経135度41分55秒
主祭神 天児屋根命
息長帯比売命
誉田別命
玉依姫命
天照皇大神
社格 式内社名神大
村社
創建 (伝)大同元年(806年
本殿の様式 神明造銅板葺
例祭 7月14日
地図
火幡神社の位置(奈良県内)
火幡神社
火幡神社
テンプレートを表示

火幡神社(ほばたじんじゃ)は、奈良県北葛城郡王寺町にある神社式内社名神大社)で旧社格村社

祭神[編集]

現在の祭神は次の5柱。

延長5年(927年)成立の延喜式神名帳における祭神の記載は1座であり、祭神の比定としては以下の記述がある。

このことから、創建当初の祭神は火之戸幡姫命であろうと推測される。

歴史[編集]

概史[編集]

社伝によると、大同元年(806年)に創建されたという。新抄格勅符抄によると創建と同年に神封二十戸が寄進されていることから、創建自体は更に遡ると考えられる。延喜式神名帳では名神大社に列し、月次・新嘗の奉幣に預ると記されている。江戸時代は八幡宮と称していた。明治6年(1874年)村社に列格した。

神階[編集]

境内[編集]


交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]