源義資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

源 義資(みなもと の よしすけ、生年不詳 - 治承4年(1180年))は、平安時代末期の武将。二条院判官代であったことから二条義資と称した。河内源氏石川源氏)の源義時の子。子に有義(一説に武田信義の子ともいう)。孫の信盛万力氏を称した。

最期[編集]

伊勢国鳥羽において、平家方の飯富季貞平盛澄の軍勢の夜襲を受けて大敗。その乱戦の中で討ち死にした。

系譜[編集]

源義家源義時源義資源有義―(万力二郎)源信盛―(万力二郎太郎)源信宗