源義広 (紺戸氏祖)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源 義広(みなもと の よしひろ、生年不詳 - 治承4年(1180年)?)は、源義時の四男、義澄の父。平安時代末期の武将紺戸 義広 (こんど よしひろ)、錦織 義広 (にしきおり よしひろ)とも。

源義家(八幡太郎義家)の六男の源義時の四男。石川源氏一族の紺戸氏の始祖。

経歴[編集]

治承4年(1180年)に源頼朝が挙兵すると、それに呼応し、先祖の河内源氏の本拠地の河内国石川郡で挙兵したが、平清盛が派遣した飯富季貞平盛澄の軍に宇治で戦い大敗。捕らわれたとも、討ち死にしたともいうが、詳細は不明。