源空寺 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源空寺
Genkuu-ji fushimi kyoto.JPG
所在地 京都府京都市伏見区瀬戸物町745
位置 北緯34度56分0.6秒
東経135度45分45.9秒
山号 宝海山
宗派 浄土宗
本尊 円光大師像
創建年 建久6年(1195年)3月
開基 忍空、法然(開山)
中興年 慶長17年(1612年
中興 幡随意
正式名 宝海山 法然院 源空寺
札所等 法然上人二十五霊跡第十五番
テンプレートを表示

源空寺(げんくうじ)は 京都府京都市伏見区瀬戸物町にある、浄土宗の寺院である。詳しくは宝海山法然院源空寺と称する。法然上人二十五霊跡第15番。

歴史[編集]

源空寺は、寺伝によれば、蓮乗房忍空が住持する草庵だった。忍空は当初法然の「選択集」を非難したが、後に後悔して、専修念仏を行じていた。法然63歳の時、奈良東大寺の大仏殿、再建落慶供養の導師を努めた後、帰途、忍空に請われるままに、宿泊し説法をした。それを聞いた木幡の里の人びとは涙を流し、念仏の教えに帰依した。人びとが法然の御影を欲しがったので、法然は、書写して法語を書きためておいた紙を用いて、「張貫の御影」を作り、忍空に与えた。建久6年(1195年)、忍苦は草庵を念仏道場に改め、御影を安置した。慶長17年(1612年)幡随意が徳川家康に願い出て、当地に移転した。その後、嘉永元年(1848年)に火災で焼失している。

伽藍[編集]

  • 山門・・・二層の鐘楼門、伏見城の遺構とされる。
  • 境内・・・芙蓉、ムクゲ、彼岸花が咲く。

寺宝[編集]

  • 円光大師座像
  • 阿弥陀仏立像
  • 張貫の御影
  • 朝日大黒天像・・・豊臣秀吉の持念仏で、伏見城の巽櫓(たつみやぐら)にあったものとされる。出世大黒天ともいう。
  • 愛染明王像
  • 即一六躰地蔵

第十五番御詠歌[編集]

「一声も南無阿弥陀仏と言う人の はちすの上に上らぬはなし」

脚注[編集]

参考[編集]

  • 源空寺寺伝