渡部信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡部 信男(わたべ のぶお、1942年10月9日 - )は、新潟県出身の日本実業家[1][2]アデランス・ホールディングス代表取締役最高経営責任者(CEO)などを歴任。1968年9月のアデランス開業時の創業者の1人。

経歴[編集]

  • 東京公衆衛生技術学校(窪田理容美容専門学校の前身)出身[1]
  • 1981年04月 アデランス取締役 就任
  • 1982年11月 アデランス工芸株式会社取締役 就任
  • 1991年09月 同社 代表取締役社長 就任
  • 1996年09月 株式会社アデランス代表取締役副社長 就任
  • その後、相談役[2]
  • 2008年 101 Japan 社長 就任[2]
  • 2009年06月 同社 代表取締役社長 就任[2][3]
  • 2009年07月 フォンテーヌ株式会社取締役会長 就任
  • 2009年12月 株式会社アデランスホールディングス代表取締役兼最高経営責任者(CEO)
  • 2010年06月 同 退任[3]
  • 2014年01月 株式会社エイトワン代表取締役会長 就任

脚注[編集]

  1. ^ a b アデランスホールディングス 【その他製品】”. 歴代社長事典製作委員会. 2015年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 共同通信 (2009年5月28日). “アデランス社長に渡部氏、スティール主導”. 日刊スポーツ. 2015年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 沿革”. アデランス. 2015年1月21日閲覧。