渡邊洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 洋(わたなべ ひろし、1937年1月2日- )は、フランス文学・比較文学者、富山大学名誉教授。

仙台市生まれ。1965年東北大学文学部仏文科卒。67年同大学院修士課程修了、東北大学文学部助手、1968年岩手大学教養部講師、71年助教授、77年人文社会科学部教授、1987年富山大学人文学部教授。2001年定年退官、名誉教授[1]

著書[編集]

  • 『比較文学研究入門』世界思想社 1997
  • 『比較文学的読書のすすめ』世界思想社 2000

共著[編集]

  • 『500語でできるフランス語会話 わずかな単語で自由に表現する法』藤田裕二共著 評論社 1982
  • 『やさしいフランス語の手紙の書き方』藤田裕二、シルヴィ・ジレ共著 評論社 1986

翻訳[編集]

  • アンリ・メゾングランド『カラー版世界の文豪叢書8 ヴェルレーヌ』評論社 1976
  • フィリップ・ストラトフォード『信仰と文学 フランソワ・モーリャックグレアム・グリーン小幡光正共訳 白水社 1980
  • N.P.ストールネクト,H.フレンツ共編『比較文学 方法と展望』小幡光正共訳 朝日出版社 1983
  • ピエール・ブリュネル、クロード・ピショウ、アンドレ・ミシェル・ルソー『比較文学とは何か』白水出版センター 1986
  • ピエール・ブリュネル,イヴ・シュヴレル編『比較文学概論』山本昭彦共訳 白水出版センター 1993

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』