渡辺房男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺房男(わたなべ ふさお、1944年[1] - )は、日本の作家。

山梨県甲府市生まれ[1]東京大学文学部仏文科卒業[1]NHKディレクターを経て、NHKエンタープライズプロデューサーとなる[2]。NHK在職中の1999年、『桜田門外十万坪』で第23回歴史文学賞を受賞し、さらに同年、「指」で第18回世田谷文学賞(小説部門)を受賞する[1]。2001年には『ゲルマン紙幣一億円』で第15回中村星湖文学賞を受賞した[1]。 2009年NHK退社[2]

受賞歴[編集]

  • 1999年 『桜田門外十万坪』で第23回歴史文学賞[2]
  • 1999年 『指』で第18回世田谷文学賞[2]
  • 2001年 『ゲルマン紙幣一億円』で第15回中村星湖文学賞[2]

著書[編集]

  • 『桜田門外十万坪』(新人物往来社 1999年)
  • 『ゲルマン紙幣一億円』(講談社、2000年)のち日経ビジネス人文庫 
  • 『金目銀目五万両』(新人物往来社、2001年)
  • 『われ沽券にかかわらず』(講談社、2003年)
  • 『インサイダー』(幻冬舎、2004年)
  • 『東京秘図 西南の役異聞』(新人物往来社、2005年)
  • 『円を創った男 小説・大隈重信』(文藝春秋、2006年)のち文庫
  • 『脱税許すまじ』(日本放送出版協会 2006年)
  • 『命に値段つけます』(実業之日本社 2007年) 
  • 『お金から見た幕末維新 財政破綻と円の誕生』(祥伝社新書、2010年)
  • 『儲けすぎた男 小説・安田善次郎』(文藝春秋、2010年)文春文庫、2013年
  • 『日本銀行を創った男 小説・松方正義』(文藝春秋、2012年)
  • 『指の紋章』(AC Books、2013年)
  • 『命の値段 生命保険を創った男たち 』(実業之日本社文庫 2014年)
  • 『黄金の糸 幕末甲州金始末』(実業之日本社 2014年)
  • 『大久保利通 わが維新、いまだ成らず』(実業之日本文庫 2018年)
  • 脚注
  1. ^ a b c d e 著者情報 渡辺房男”. 実業之日本社. 2015年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e 著者一覧 渡辺房男”. 日経ブック&ビデオクラブ. 日本経済新聞出版社. 2015年8月15日閲覧。

参考[編集]

  • 文藝年鑑2007