添削

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

添削(てんさく)とは、作文レポート答案文章詩歌などを、書き加えたり削ったりすることで直す作業のことである。

添削は、教師が学習者(児童生徒学生など)の答案や作文、レポートなどを点検する際に行われる学習指導の1つである。添削されたものは学習者が復習などに活用したり、文章や作品をよりよいものにするために参考にしたりする。

普通、添削は赤色の筆記用具を使って行う。そのため、添削された作品あるいは添削された部分を、朱書き(しゅがき)とか赤入れ(あかいれ)などということもある。ベネッセコーポレーション進研ゼミにおける赤ペン先生は、まさに通信教育における添削指導の一例である。

関連項目[編集]