深尾良夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深尾良夫
生誕 (1943-11-13) 1943年11月13日(76歳)
日本の旗 日本 東京都

深尾 良夫(ふかお よしお、1943年11月13日 - )は、日本の地球科学者。日本学士院会員。専門は地震学理学博士

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。都立日比谷高校東京大学理学部卒業。名古屋大学助教授、東京大学地震研究所所長を経て、独立行政法人海洋研究開発機構地球内部変動研究センター(現・地球内部ダイナミクス領域)長。1971年東京大学 理学博士[1]

1995年、「マントル ダイナミクスに関する地震学的研究」で恩賜賞日本学士院賞受賞。

2011年、日本学士院会員に選出。2017年秋の叙勲で瑞宝重光章を受章。

著書『地震・プレート・陸と海 - 地学入門』は岩波ジュニア新書の一冊だが、地球科学の基礎を解説した名著とされている[2][3]

著書[編集]

主要論文[編集]

  • 深尾良夫、「地震学者の火山噴火体験」 『電気学会誌』 1995年 115巻 3号 p.155, doi:10.1541/ieejjournal.115.155
  • 海から開く地震研究の未来--深尾良夫地球内部変動研究センター長に聞く(海底下から見えてきた 巨大地震の姿) 『Blue earth』 19(6), 12-15, 2007-11, NAID 40015853042、海洋研究開発機構
共著

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Focal process of a large deep-focus earthquake as inferred from long-period P waves.(周期P波およびS波より推定した深発地震の震源過程)〔英文〕"」 『東京大學地震研究所彙報』 1970年 48巻 5号 p.707-727
  2. ^ 丸山茂徳 『46億年地球は何をしてきたか?』 岩波書店〈地球を丸ごと考える〉、1993年、参考文献1頁、ISBN 4-00-007902-6
  3. ^ 鎌田浩毅 『火山はすごい - 日本列島の自然学』 PHP研究所〈PHP新書〉、2002年、100頁、ISBN 4-569-62226-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]