涙活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

涙活(るいかつ)とは意識的に泣くことでストレス解消を図る活動のことである。寺井広樹によって考案、提唱された言葉である。

涙を流すことにより、人間の自律神経は緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、リラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わる。涙活は、この仕組みを利用したストレス解消法とされている[1]

ストレス解消に効果があるのは、悲しみや感動などによる情動の涙。なお目を潤すための基礎分泌の涙や、タマネギを切った際に出る角膜保護の涙には、ストレス解消効果はない。こうした涙の効果に注目が集まり、泣ける映画や朗読を聞いて意識的に涙を流す涙活イベントも各地で開催され[2]、泣ける話に特化した噺家として泣語家も登場している。

涙活をともにした仲間を涙友という[3]

泣語[編集]

涙活の一環として創案された落語のジャンル。「泣ける話」に特化した人情噺とされる。自らの体験を基に語る「体験泣語」と伝聞に基づく「創作泣語」に分けられ、噺家は「泣語家」と称される。泣語は5分以内で終わる噺と定められており、泣語家は客の涙を誘うため自身が嗚咽して泣語を演じるという作法になっている。また泣語家はブータンの民族衣装をもとした「泣き装束」を着用しているが、これはブータンジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱した国民総幸福量の影響を受けたためであるという[4][5]


脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 寺井広樹・有田秀穂 『涙活でストレスを流す方法』(主婦の友社、2013年) ISBN: 978-4-072-92824-0
  • 寺井広樹 『泣く技術 一瞬でストレスを消す「涙活」入門』(PHP文庫、2014年) ISBN: 978-4-569-76144-2

関連事項[編集]

外部リンク[編集]