有田秀穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有田 秀穂(ありた ひでほ、1948年1月28日 - )は日本の脳生理学者、医師。専門領域は呼吸の脳神経学、セロトニン神経の機能と活性法、坐禅の科学。「セロトニン」が心身の元気とハピネスに関係する脳内物質であると主張。東邦大学医学部名誉教授。セロトニンDOJO代表。

人物[編集]

東京大学医学部在学中に、「潜り人、92歳」の著者である大崎映晋氏にダイビングを習い、東大海洋研究会を設立し、初代会長となった。

米国ニューヨーク州立大学バッファロー校に二年半留学し、一年後に新設の筑波大学基礎医学系の講師に着任、生理学に転向した[1]。

東邦大学医学部第一生理学の助教授となり、睡眠時無呼吸の実験研究を行った[2]。2000年に主任教授になって研究チームを組織し、「坐禅の丹田呼吸法を脳科学で読み解くヒューマン実験」を本格的に開始、セロトニン神経が中心的役割を担う事を証明し、サイエンスの国際誌に掲載された[3]。また、脳内セロトニンが性ホルモンやオキシトシン(授乳やスキンシップで活性化される)で影響を受けることも解明した[4]。

東邦大学を定年退職後、それまでの医学研究を臨床応用すべく、御徒町駅前にセロトニンDojoを開設た。

その他、2000年より12年間、中外医学社の月刊誌「Clinical Neuroscience」の編集委員。日本自律神経学会理事。

経歴[編集]

東京都三鷹市に生まれる。

1966年 東京都立小石川高校卒業

1973年 東京大学医学部卒業

1974年 東京女子医科大学助手(心臓血圧研究所)

1976年 東海大学医学部助手(第二内科学講座)

1980年 State University of New York at Buffalo (Buswell Fellow)留学

1984年 筑波大学基礎医学系講師(生理学)

1990年 東邦大学医学部助教授(第一生理学講座)

1996年 東邦大学医学部教授(第一生理学講座)

2005年 東邦大学医学部教授(統合生理学に改名)

2013年 東邦大学名誉教授

2013年 セロトニンDojo代表

著書[編集]

  • 『セロトニン呼吸法』 (高橋玄朴と共著) 地湧社 2002年
  • 『セロトニン欠乏脳 - キレる脳・鬱の脳を鍛え直す』 生活人新書 2003年
  • 『禅と脳』 (玄侑宗久と共著) 大和書房 2005年 のちに文庫
  • 『脳内セロトニン・トレーニング』 かんき出版 2005年
  • 『人体の構造と機能』 (原田玲子と共著) 朝倉書店 2005年
  • 『呼吸の事典』 (監修) 朝倉書店 2006年
  • 『脳内物質のシステム神経生理学』 中外医学社 2006年
  • 『呼吸を変えれば「うつ」はよくなる』 PHP 2007年
  • 『瞑想脳を拓く』 (井上ウィマラと共著) 佼成出版 2007年
  • 『セロトニン脳活性法』 大和書房 2007年
  • 『われ、ただ足るを知る』 (板橋興宗と共著) 佼成出版 2008年
  • 『脳からストレスを消す技術』 サンマーク出版 2008年 のちにKindle版、さらに中国と韓国で翻訳出版
  • 『共感する脳』 PHP新書 2009年 のちにKindle版
  • 『ストレスに強い脳、弱い脳』 青春新書 2009年 のちにKindle版
  • 『「セロトニン脳」健康法』 (中川一郎と共著) 講談社プラスα新書 2009年
  • 『歩けば脳が活性化する』 WAC BUNKO 2009年
  • 『仏教と脳科学』 (アルボムッレ・スマナサーラと共著) サンガ 2010年
  • 『認知症介護はセロトニン力で楽になる』 青春新書 2010年
  • 『ストレスすっきり!!脳活習慣』 徳間書店 2010年
  • 『心のストレスが消える処方箋』 別冊宝島 2010年
  • 『切替脳の活かし方』 ビジネス社 2011年
  • 『まんが セロトニン健康法』 (松本麻希作品の監修) 講談社 2011年
  • 『セロトニン睡眠法』 青春出版 2011年
  • 『育脳の技術』 主婦と生活 2011年
  • 『脳ストレスが消える生き方』 サンマーク出版 2011年
  • 『男の子の脳の育て方』 かんき出版 2011年
  • 『「親切」は驚くほど体にいい』 (デイビット・ハミルトン著の翻訳・監修) 飛鳥新社 2011年
  • 『人間性のニューロサイエンス』 中外医学社 2011年
  • 『思春期の女の子の気持ちがわかる本』 かんき出版 2011年
  • 『セロトニン呼吸法』 (高橋玄朴と共著) 青春新書 2011年
  • 『脳からストレスをスッキリ消す事典』 PHPビジュアル実用BOOKS 2012年
  • 『「心のバネ」を強くする』 ぱる出版 2012年
  • 『「脳の疲れ」がとれる生活術』 PHP文庫 2012年 のちにKindle版
  • 『「会社帰りに一杯」の習慣は大正解だった』 マイナビ新書 2012年
  • 『医者が教える正しい呼吸法』 かんき出版 2013年
  • 『「うつ」が消える食べ方&レシピ』 (弥富秀江と共著) 河出書房新社 2013年
  • 『50歳から脳を整える』 成美文庫 2013年
  • 『涙活でストレスを流す方法』 (寺井広樹と共著) 主婦の友社 2013年
  • 『脳を活性化する - 武道とセロトニン』 日本武道館 2014年
  • 『脳からストレスをスッキリ消す事典』PHPビジュアル実用BOOKS2015年
  • 『「老脳」と心の癒し方』かんき出版2016年
  • 『ひらめく!ひとり散歩ミーティング』きこ出版2016年

CD・DVD等[編集]

  • CD『ラジオ深夜便 「安らかな心を育む」』 NHK 2006年
  • CD『Walking Therapy - セロトニン活性』 (監修) Della 2008年
  • DVD『目で見る解剖と生理 「呼吸」』 医学映像教育センター 2009年
  • CD『パワーレクチャー講演 朝5分間のセロトニン脳健康法』 暦日会 2010年
  • CD『脳ストレス解消』 (監修) Della 2011年
  • DVD『ビジネスマン健康カレッジ 「脳からストレスを消す技術」マネジメント講座』 ビジネス・ブレークスルーKLP 2012年

脚注[編集]

出典[編集]

  • セロトニンDOJO
  • 経歴の中でエピソードに関するものは 『ストレスすっきり!!脳活習慣』 徳間書店 2010年、の中に記載あり
  • 経歴について最新のものは 『脳を活性化する – 武道とセロトニン』 日本武道館 2014年を参照
  • 書籍、CD/DVD等についてはAmazonにすべて記載
  • 『脳からストレスを消す技術』 サンマーク出版 2008年
  • 『セロトニン欠乏脳 - キレる脳・鬱の脳を鍛え直す』 生活人新書 2003年