涙のメッセンジャー 14歳の約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
涙のメッセンジャー 14歳の約束
Ithaca
監督 メグ・ライアン
脚本 エリック・ジェンドレセン英語版
原作 ウィリアム・サローヤン
ヒューマン・コメディ(人間喜劇)英語版
製作 ジャネット・ブレナー
ローラ・アイヴィ
エリック・ジェンドレセン
製作総指揮 ロバート・イマーマン
スティーヴン・R・パルミサーノ
スコット・セトラキアン
トム・ハンクス
ゲイリー・ゴーツマン
ジェイソン・クロース
アラン・シンプソン
アーロン・L・ギルバート
出演者 アレックス・ニューステッター英語版
メグ・ライアン
ジャック・クエイド英語版
サム・シェパード
ハミッシュ・リンクレイター英語版
トム・ハンクス
音楽 ジョン・メレンキャンプ
撮影 アンドリュー・ダン英語版
編集 ジョン・F・ライオンズ
製作会社 Apple Lane Productions
プレイトーン英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 モーメンタム・ピクチャーズ英語版
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年9月9日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

涙のメッセンジャー 14歳の約束』(なみだのメッセンジャー じゅうよんさいのやくそく、Ithaca)は2015年アメリカ合衆国のドラマ映画。 女優メグ・ライアンの初監督作品で、出演はアレックス・ニューステッター英語版サム・シェパードなど。 第二次世界大戦中の米国の小さな田舎町イサカ(Ithaca:原題と同じ)を舞台にした群像劇[1]。 原作はウィリアム・サローヤン1943年の小説『ヒューマン・コメディ(人間喜劇)英語版』。

2015年10月に開催されたMiddleburg Film Festivalで初上映された[2][3]。 日本では劇場未公開でWOWOW2018年11月29日に放映された[4][1]

ストーリー[編集]

第二次世界大戦中の米国の小さな田舎町イサカで家族と暮らす14歳の少年ホーマーは、父を亡くし、兄も従軍中のため、家族を養うために郵便配達員として働き始める。 様々な人や景色に出会えるとして希望に胸を膨らませていたホーマーだったが、戦死した兵士の訃報を遺族に届ける仕事に、現実の厳しさを思い知らされて思い悩むようになる。 そんなホーマーを上司であるトムやベテラン電信士のグローガンは優しく見守る。

ある日、かねてより酒に溺れる生活をしていたグローガンが仕事中に急死する。 そこにはホーマーの兄マーカスの訃報を知らせる電報が残されていた。 激しいショックを受けるホーマーをトムは慰める。

一方、ホーマーの家にマーカスの戦友トビーがマーカスの訃報を知らせにやってくる。 そこにホーマーが帰宅し、家族は全てを理解した上でトビーを家に招き入れる。

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 涙のメッセンジャー 14歳の約束”. WOWOW. 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ Tarek Shoukri (2015年10月7日). “Middleburg Film Festival Announces Full Lineup, Including ‘Spotlight,’ ‘Carol’ and More” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2015/10/middleburg-film-festival-announces-full-lineup-including-spotlight-carol-and-more-56982/ 2018年12月2日閲覧。 
  3. ^ ITHACA (WORLD PREMIERE!)” (英語). Middleburg Film Festival. 2018年12月2日閲覧。
  4. ^ 2018年11月 月間番組表 (PDF)”. WOWOW. 2018年12月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]