消費生活協同組合法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
消費生活協同組合法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 生協法
法令番号 昭和23年7月30日法律第200号
効力 現行法
種類 民法
主な内容 生活協同組合(生協)について
関連法令 労働組合法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

消費生活協同組合法(しょうひせいかつきょうどうくみあいほう、昭和23年7月30日法律第200号)は、国民の自発的な生活協同組織の発達を図り、もつて国民生活の安定と生活文化の向上を期することを目的として制定された法律である。

民法で規定される組合は、原則として法人格を持たないが、この法律に基づいて設立された生活協同組合は法人格を有することとなる。