浦城恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦城 恒雄(うらき つねお、1936年昭和11年)5月12日[1] - )は、日本計算機科学者

経歴・人物[編集]

1959年(昭和34年)3月東京大学理学部物理学科を卒業後、日立製作所に入社[2]。各種コンピュータの開発に従事する[2]1984年(昭和59年)同社神奈川工場企画部長、その後コンピュータ事業本部マーケティング本部長、研究開発推進本部長、技師長を経て1995年平成7年)退職する[2]。その後、関連会社を経て1999年(平成11年)東京工科大学へ移籍し、メディア学部教授、コンピュータサイエンス学部教授を務め、名誉教授となった[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 浦城 恒雄-コンピュータ博物館、2019年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 浦城 恒雄 君-情報処理学会、2019年3月18日閲覧。