浅部和七郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさべ わしちろう
浅部 和七郎
生誕 1843年????
岡山県倉敷市
死没 (1883-11-22) 1883年11月22日(40歳没)
国籍 日本の旗 日本
別名 光重(名)
職業 実業家

浅部 和七郎(あさべ わしちろう、1843年 - 1883年11月22日)は、岡山県窪屋郡子位庄(現・倉敷市)出身の実業家

来歴[編集]

1843年、窪屋郡小位庄で生まれる[1]。叔父である忠義と木綿栽培、材木業、漁業を営んでいた[1]が成功しなかった[1]

1876年、開業資金を得て、廃坑となっていた中庄村猿曳山銅山の再掘を始める[1]。出費がかさむ事から、採掘事業は解散した[1]が、和七郎一人踏みとどまり、新抗を試みていたところ鉱脈に接することに成功[1]した。

また、早島村金田山廃坑の再掘を開始[1]。多くの銅鉱を採掘し、巨額の富を得た[1]

巨額の利益を得たことから、数十町の田畑を買い[1]、更に船舶を買い、海運業を始めた[1]

1883年11月22日、病で死去。享年41。

人物[編集]

剛毅で温厚な性格。公共のために尽くし、私財を投じ貧者を救恤した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『岡山人名辞典』11頁。

参考文献[編集]

  • 吉岡三平 監修『岡山人名辞典』 日本文教出版、1978年。