浅利勝頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浅利勝頼
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年5月17日1582年6月7日
氏族 比内浅利氏
父母 父:浅利則頼
兄弟 頼治則祐勝頼
松の方(浅利牛欄室)
頼平頼広

浅利 勝頼(あさり かつより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士

略歴[編集]

比内浅利氏出羽国比内郡国人甲斐源氏庶流で甲斐国八代郡浅利郷[1]に拠った浅利氏の庶流。

浅利則頼の子として誕生。兄・則祐との確執から、永禄5年(1562年)に宿敵である檜山安東氏と通じて裏切り、兄を自害に追い込んだ。自身は、兄の跡を継いで当主として収まった。それまでの支城に加え、新たに大館城を築き、北の守りとして城下に独鈷衆を配置した町割りを行った。

天正10年(1582年)、檜山安東氏に招かれた宴席で暗殺され、比内浅利氏は瓦解する。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の山梨県中央市浅利。