浅利則祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浅利規祐
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄5年(1562年
氏族 比内浅利氏
父母 父:浅利則頼
兄弟 頼治則祐勝頼
松の方(浅利牛欄室)
範治

浅利 則祐(あさり のりすけ)は、戦国時代武将

略歴[編集]

比内浅利氏出羽国比内郡国人甲斐源氏庶流で甲斐国八代郡浅利郷[1]に拠った浅利氏の庶流。

浅利則頼の子として誕生。比内浅利氏は父・則頼の代から檜山安東氏南部氏と抗争を繰り返していた。則祐は則頼の側室の子として誕生したが、則頼の正室に勝頼が後に誕生すると、弟との確執により、永禄5年(1562年)、安東氏と結託した勝頼の裏切りも手伝って扇田長岡城を攻められ自害に追い込まれた。

則祐の子孫はその後、家臣と共に逃亡した山本郡藤琴に土着した。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の山梨県中央市浅利。