津波古政正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津波古政正

津波古 政正(つはこ せいせい、1816年–1877年),東氏津波古殿内の十三世。唐名は東国興、童名は樽金。

生涯[編集]

津波古政正

1816年、首里に生まれた。

1840年に北京国子監で八年間修学、儒学者・孫衣言に師事した。帰国後は国学講談師匠、尚泰王の侍講官(国師)を務めた。琉球王国末期を代表する知識人の1人で、理知的でバランス感覚を持つ政治家として知られる。

津波古親方政正が在東京使者として東京に駐在中の明治8年(1875年)、琉球から東京へ出向いた池城安規(三司官)、与那原良傑(東京使者)、幸地朝常(鎖之側)らに対し、明治政府が、清国との関係断絶命令などを伝えた際の交渉に立ち会っている。

明治政府による琉球処分(沖縄県設置)の動きをめぐって、琉球王国内部が紛糾した際も、常に冷静な判断を下すよう、尚泰王へ「自ら進んで版籍奉還する事が国益である」と意見具申したが、激動の渦中で死去(1877年)したため、その資質は十分に生かされなかった。津波古親方政正は、本土で廃藩置県が実施されると、直ちに視察員を他藩へ派遣して、その状況を調査させた。その上で、沖縄も自ら進んで版籍奉還を済ませて日本に合流すべきと主張したという。

当時の内務省出張所の吏員であった河原田盛美著書の「琉球紀行」によると、津波古親方政正は王府の知的顧問として、漢学を排して洋学を学び、特に今後は理化学を身につけねばならぬことを強調し、中国当路に人物のないことを慨嘆したという。

当時の碩学東国興 (津波古親方政正)の如きは、明治4 (1871) 年に於ける各藩の廃藩置県の処分を観て、沖縄の将来を揣摩し、視察員を内地の藩に派遣して、その状況を調査せしめ、寧ろ我より進んで、版籍奉還を為すを以て沖縄の国益なりと主張し、建策する所ありしも、当時の国論は之を腐儒迂人の言として一顧を与えられざりきといふ。又彼は、本土の事情を知らしむる為に、初めて当時の新聞紙を尚泰王に奉りたるに依り、益々世人の指弾を受けたり。

と、津波古親方政正の言行が残されている。

牧志恩河事件の時、 無実の罪に酷刑をもって報いようとした王府主流の主張を退けて、尚泰王に穏便な裁定を行わせたのが、津波古親方政正だった。また、琉球処分の際、亀川親方盛武を中心とする久米村士族の猛反対を押し切って、尚泰王版籍奉還の決意を促したのも津波古親方政正を中心とする王側仕たちだったと伝えられる。

弟子[編集]

高弟に「琉球見聞録」の著者である喜舎場朝賢がいる。

書物への登場[編集]

津波古親方政正は大城立裕著書の「小説琉球処分」に登場する。

漢詩[編集]

龍舟競渡歌(東国興)
東国興の詩稿
東国興詩集

津波古親方政正は北京語や英語などの語学に堪能な人物であった。琉球大学附属図書館や沖縄県立図書館に「東国興詩集」が所蔵されている。

東国興(津波古親方政正)が書いた物の1つに、「龍舟競渡歌」という漢詩がある。

「龍舟競渡歌」
石榴如火然江頭  (石榴 火の如く江頭に然え)
江頭人喧競龍舟  (江頭 人喧しく龍舟を競う)
銀簫琅琅出人海  (銀簫 琅琅として人海のごとく出で)
旌旗彷彿朱霞流  (旌旗 彷彿として朱霞流る)
白珠亂跳波激箭  (白珠 乱れ跳び 波は激箭となり)
後先相逐光閃電  (後先 相逐う 光は閃電す)
郎君倚扇船傍坐  (郎君 扇に倚りて船の傍に坐し)
呉裝佳人臨淵羨  (呉装の佳人 淵に臨みて羨む)
君不聞靈均一去  (君聞かずや 霊均一たび去りて)
令人憐湘江    (人をして湘江を憐ましむ を)
江水清千年    (江水 清きこと千年)
楚人因之爲龍船  (楚人 之に因りて爲に龍船をなす)
今日龍舟徒戯顛  (今日の龍舟徒に戯き顛る)
俯仰往事與今事  (俯仰す往事と今事)
歸來獨吟離騒篇  (帰来して独り離騒篇を吟ず)

(意訳):「火が赤く燃えるように石榴(ザクロ)の花が咲く岸、見物の人々のざわめきの中、いよいよ龍舟(ハーリー)の始まりだ。銀色の笛が鳥の清らかな囀りのように鳴る中、繰り出した人は数知れず、林立する旗が風にはためき、まるで朝焼けか夕焼けが赤く流れるよう。さて早くも競漕が始まると、枻の跳ね上げる白い水珠は乱れ飛び、波は矢のように走る。先を行く船、後を追う船、いずれ劣らず稲妻のように疾い。貴公子が、漕ぎ手に力を添える旗を持って船の傍に坐し、その美しい姿は、呉の美人も羨むほど。あなたは聞いたことがないか。屈原が去ってから、人々は湘江にいつまでも心惹かれ、憐れんでいるということを。その湘江の水は千年も変わらず清らかに澄んでいる。楚の人たちは、屈原のために龍舟の競漕をするようになったというが、今日の龍舟はわざと船を転覆させたりして、楽しい遊びのようだ。俯いたり仰いだりして、古のことや今のことに思いを巡らし、深い感慨を抱いて帰り、一人屈原を偲んで離騒(楚辞)を吟じる。」(「琉球漢詩の旅」より)

野村安趙との関係[編集]

琉球古典音楽の野村流を開いた野村里之子親雲上安趙(野村安趙)は機知に富むが、学者肌の津波古親方政正とはソリが合わなかった。ある日、玉川御殿で歌会が催された。宴も盛り上がり、次は歌三線に移ろうと、津波古親方政正が野村里之子親雲上安趙に「歌シャーターは揃ったか」と聞くと、「学シャーターが何を仰る。学シャーターの者も、豚シャーターの者も同じではないですか」と津波古親方政正をやりこめた。尚泰王は別荘お茶屋御殿で宴会をもった。野村里之子親雲上安趙の書く文字の面白さを見て、津波古親方政正が「先生はサー、難しいのを書かれるね」と言ったので、野村里之子親雲上安趙は「今、仰ったサーは何の字を当てるのですか」と聞いた。津波古親方政正が「知らん」と答えると「小の字です。和文に小夜ふけては小と書いてあります」と言ったので津波古親方政正は苦笑いするしかなかった。(「東汀随筆」より)

参考文献[編集]

  • 「琉球見聞録」喜舎場朝賢編、親泊朝擢出版、1914年。
  • 「廃藩當時の人物」尚球著、1915年。
  • 「孤島苦の琉球史」伊波普猷著、春陽堂、1926年。
  • 「琉球偉人伝」仲泊良夫著、沖縄風土記社、1969年。
  • 「沖縄の百年 第1巻」新里金福著、太平出版社、1969年。
  • 「近代沖縄の人びと ( 沖縄の百年 2 )」新里金福著、太平出版社、1972年。
  • 「新聞記事切抜帳 [4] 1968年9月17日-1969年1月12日」琉球政府立中央図書館(製作)、1968年。
  • 「守礼の光 109号」琉球諸島高等弁務官室編、1968年。
  • 「津波古親方訪問」河原田盛美著、沖縄県立図書館。
  • 「東姓みなさんのために 沖縄の偉人 津波古親方政正(東国興)伝 与世山親方政輔(東順法)伝」具志堅政治・具志堅政吉著、沖縄県立図書館(私製)、1980年。
  • 「沖縄門中大辞典」那覇出版社、1992年。
  • 「士族門中家譜」比嘉朝進著、球陽出版、2005年。
  • 「沖縄のサムレー(家譜にみる士族)」比嘉朝進著、球陽出版、1990年。
  • 「紙ハブ小のたわ言」具志堅政冶著、1982年。
  • 「続・紙ハブ小のたわ言」具志堅政冶著、1985年。
  • 「琉球王国衰亡史」嶋津与志著、岩波書店、1992年。
  • 「琉球処分(上)、(下)」大城立裕著、講談社、2010年。
  • 「琉球歴史便覧」宮里朝光監修、月刊沖縄社、1987年。
  • 「琉球 家紋系図・宝鑑」伊禮春一著、琉研「沖縄家紋研究会」、1992年 。
  • 「琉球学集説 一○・一一(昭和二九年~昭和三二年) ( 天野鉄夫新聞切抜帳 7 )」天野鉄夫編、沖縄県立図書館。
  • 「琉球学集説 新聞切抜 83」天野鉄夫編、沖縄県立図書館。
  • 「奈良原幸五郎宛書簡 明治4(1871)~17(1884)」沖縄県立図書館。
  • 「比嘉春潮全集 第4巻」比嘉 春潮著、沖縄タイムス社、1971年。
  • 「文化沖縄 第20号~第27号」沖縄文化協会編、沖縄文化協会、1951年。
  • 「文化沖縄 第20号~第27号(昭和26年1月~昭和28年2月)」比嘉春潮著、沖縄県立図書館、1994年。
  • 「比嘉春潮文庫 No.22」比嘉春潮著、沖縄県立図書館(私製)、2013年。
  • 「笑古漫筆(備忘録) 巻11」真境名安興著、沖縄県立図書館(私製)。
  • 「真境名安興執筆新聞掲載論考」真境名安興著、沖縄県立図書館(製作)。
  • 「東恩納文庫新聞切抜帳 40」東恩納文庫編、東恩納文庫、1965年。
  • 「東国興詩稿(東恩納文庫)」東国興(津波古親方政正)著、東恩納文庫。
  • 「琉球王国漢文文献集成 第26冊」高津孝・陳捷編、復旦大学出版社、2013年。  
  • 「琉球詩課 巻之1~巻之4」阮宣詔・鄭学楷・向克秀著、沖縄県立図書館(製作)、2018年。
  • 「傳世漢文琉球文獻輯稿 第23輯」傳世漢文琉球文獻輯稿編輯委員會、海峽出版發行集團、2012年。
  • 「琉球詩集 1巻」沖縄県立図書館編、沖縄県立図書館(私製)。
  • 「琉球漢詩の旅」茅原南龍著、琉球新報社編、琉球新報社、2001年。
  • 「東恩納寛惇文庫 No.19」東恩納寛惇編、沖縄県立芸術大学、2008年。
  • 「琉球舞踊入門」宜保栄治郎著、那覇出版社、2009年。

外部リンク[編集]