津末良介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津末良介

津末 良介(つのすえ りょうすけ、1876年明治9年)12月11日[1] - 1949年昭和24年)12月3日[2])は、日本の衆議院議員立憲同志会憲政会→新政会)。弁護士

経歴[編集]

大分県大分郡滝尾村(現在の大分市)出身。第五高等学校を経て、1904年(明治37年)に京都帝国大学法科大学独法科を卒業[1]。司法官試補となり大分地方裁判所に勤務したが、辞して1905年(明治38年)に同地に弁護士事務所を開いた[3]1908年(明治41年)に大分弁護士会長に選ばれ、1911年(明治44年)には大分市参事会員に選ばれた[3]

1912年(明治44年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第13回に至るまで連続3回当選を果たした。

その他、玖珠金山株式会社社長、大分製氷株式会社監査役[4]山東省招遠鉱業株式会社社長などを務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『帝国大学出身名鑑』
  2. ^ 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b 『現代日本の政治家』pp.176-177
  4. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 校友調査会編『帝国大学出身名鑑』校友調査会、1934年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版(上)』人事興信所、1918年。
  • 細井肇『現代日本の政治家』国光社、1916年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。