洗濯用洗剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衣類用洗剤(粉タイプ)

洗濯用洗剤: Laundry detergent)とは、主に繊維系などの物に対する洗浄に用いるための洗剤である。衣料用洗剤衣類用洗剤)またはソープレス・ソープとも呼ばれる。

歴史[編集]

石鹸分を含まない洗剤の開発は20世紀初頭から着手され、1917年にドイツで界面活性のメカニズムが明らかになると本格化した。1930年代に天然油脂から脂肪族アルコールの大量生産が可能となり、この脂肪酸アルコールを原料としてアメリカやドイツで洗剤の製造や販売が始まっている。

日本ではドイツからの技術を導入する形で、1937年に第一工業製薬から羊毛用の中性洗剤として「モノゲン」が発売され、翌1938年には花王(当時・花王石鹸)がステープル・ファイバー衣料用の粉末洗剤「エキセリン」を発売している。ただし洗剤が本格的に普及したのは第二次世界大戦以降からで、1952年に花王が日本初の弱アルカリ性合成洗剤「花王粉せんたく」(後の「ワンダフル」)を発売し、電気洗濯機の普及と相まって市場へ浸透していった。

主な用途[編集]

洗剤の中でも繊維の内部に入りやすいように特化している。使われる対象としては、衣類雑巾、一部のなど、繊維物質などであり、かつ人に触れる機会が多い物に対して使われる。

他の用途に対しても、水などに溶かした上にしみこませた雑巾などでふき掃除などに用いられることがある。

成分[編集]

現行の主力成分は化学的に合成し、作られた「合成洗剤」系であるものが多い。純石鹸成分系もあるが、値段的に高価であるため主流ではない。

どの製品にも主に入っている成分としては洗浄成分の根本である界面活性剤純石鹸成分である。ほかには、一部製品を除き界面活性剤の活動を補助する成分などが入っている。補助成分により業務用油に対する物や、泥汚れなど洗濯洗剤の使用用途が変わる。

[編集]

近年の粉タイプの洗剤は直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムが主成分として作られている。

液体[編集]

粉タイプと同じく直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムが主成分として作られている。粉タイプより界面活性剤の割合が40%前後と割合的に高い。

その他[編集]