河野円城寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河野円城寺
河野円城寺
所在地 岐阜県羽島郡笠松町円城寺917番地
位置 北緯35度22分27.3秒
東経136度47分13秒
山号 葉栗山
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 飛鳥時代
中興年 文明2年(1470年)
中興 蓮如
公式HP 真宗大谷派 葉栗山・河野円城寺
法人番号 1200005003687
テンプレートを表示

河野円城寺(かわのえんじょうじ)は、岐阜県羽島郡笠松町にある真宗大谷派寺院である。同派岐阜教区第三に所属する。山号は葉栗山。円城寺、圓城寺、河野圓城寺ともいう。

河野九門徒の寺院の一つである。

沿革[編集]

寺伝によると飛鳥時代聖徳太子により尾張国河野[1]に創建されたという。当時は「清涼山 圓城寺」の名であり、法華宗であったが、後に天台宗に改宗し、末寺として「葉栗山 照高院」を創建している。

平安時代の頃、洪水で圓城寺と照高院は流出する。現在地に照高院として再建される。

嘉禎元年(1235年)、親鸞東国より帰京する際三河国に立ち寄り、住民に教えを説いていたのを聞いていた、照高院の住職最勝は浄土真宗に改宗、寺号も西勝坊とする。

文明2年(1470年)、蓮如がこの地を訪れた際、かつて親鸞の説法を聞いて帰依した9人の門徒の子孫の寺院を「河野九門徒」と名づけたという。このころ西徳寺に改称したという。

天保2年(1831年)、「葉栗山 円城寺」に改称する。

交通アクセス[編集]

岐阜バス川島前渡線「円城寺」下車 徒歩10分
名鉄岐阜のりば名鉄岐阜駅西)2番のりば、JR岐阜駅バスターミナル岐阜駅北口)4番のりばより「川島松倉」行き。
笠松町公共施設巡回町民バス「円城寺」下車 徒歩3分
注意 - 岐阜バスと笠松町公共施設巡回町民バスの「円城寺」バス停は位置が異なる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尾張国葉栗郡河沼郷河野島とされているが、詳細は不明。河野島は、現各務原市西南部(旧川島町中屋村)、笠松町東部(旧下羽栗村)、岐南町東部(旧上羽栗村)、一宮市北部(旧浅井町)、江南市西部(旧宮田町)一帯と推測される。

外部リンク[編集]