河島光広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

河島 光広(かわしま みつひろ、1931年 - 1961年3月19日)は、漫画家。別名義:尾張まこと

愛知県名古屋市出身[1]。若くして才能を発揮し、手塚治虫からも絶賛されたが、結核に罹り1961年3月19日に30歳で死去した[2]

作品リスト[編集]

  • 宮本武蔵朝日出版社
  • 三日月童子(朝日出版社)
  • 天晴れ小次郎(朝日出版社)
  • どくろの城 (朝日出版社)
  • 快男児 西部の虎(冒険王 1953年9月号)
  • 十字架の剣士(探偵王臨時増刊「漫画ブック」1953年12月20日発行)
  • ペッペ君とボンベ君(少年画報 1954年1月号)
  • 決闘の町(少年画報 1954年3月号付録「佐々木小次郎」)
  • 白面の剣士(少年画報 1954年6月号 - 9月号)
  • 太平洋魔城(少年画報 1954年9月号付録)
  • ビリーパック(少年画報 1954年10月号 - 1961年6月号)(1961年7月号以降は矢島利一作画)
  • 夕月一刀流(少年画報 1961年1月号 - 7月号)尾張まこと 名義
  • 少年宮本武蔵 くさりがまの決闘(少年画報 1961年 4月号)尾張まこと 名義

脚注[編集]