河合孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河合 孝雄(かわい たかお、1938年4月30日[1] - )は、日本写真家女優撮影の第一人者である[1]

略歴[編集]

1938年4月30日、東京都大田区に生まれる[1]

日本大学芸術学部写真学科を卒業後、出版社写真部勤務を経て、フリーになる[1]日活東映所属女優を多数撮り続け『平凡パンチ』など多数の男性週刊誌に掲載される[1]

学生時代は体育会山岳部に所属ネイチャーフォトグラファーを目指す。

卒業後は出版社に勤務、新興宗教教団をルポした「神様こんにちは」(サン出版)などを手がける。

二年後退社しフリーとなりロサンジェルスに3年遊学LAの日本人街等を撮る。

その頃二世のアマチュア写真グループに誘われて始めてヌードを撮り面白さに目覚める。

帰国後平凡パンチ 週刊現代 小説宝石 週刊小説 ごるふダイジェスト漫画サンデー ALBA

等でポートレート ヌードを撮る、季刊「スキー」(実業之日本社)の表紙を10年、「話のチャンネル

(日本文芸社)は15年の長きにわたる。

写真集15冊 著書1冊(立風書房) 又趣味を生かした山崎拓味との教著「スキンダイビング入門」

「テニス入門」がある。

現在は湯河原に住み 、熱海にある スタジオK-2の御庭番である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e 萩原雄太 (2010年10月2日). “『70年代ロマンポルノの記憶』 日活ロマンポルノって何だったの?”. 日刊サイゾー. 2017年1月23日閲覧。